2005年5月22日(日)  印旛放水路下流で初釣り       
寝坊続きの週末、今日は何とか7時起床、8時に家を出発。
自転車で丁度20分、主な目的はテナガエビ(手長エビ)の偵察です。シーズンは梅雨明けごろなのでまだ早いことは分かっているのですが・・・。
いつものテナガエビ(手長エビ)のポイント。

竿を出そうかどうしようか?
1年ぶりに再会したおじさんは「全然ダメ」との事。
「2時間で10匹」。 う〜ん、こりゃまだ早いか・・・。
シーズンになるとエビが丸見えなのですが、今日は
全く姿が見えません。

寒くて寒くて、雨もポツポツ落ちてきたので、結局
竿も出さず帰ってきました。

トホホ。

HPトップへ戻る    釣りの部屋へ
天気予報では最高気温が20度ということだったのですが、Tシャツ一枚で来てしまいました。
少々「寒いかな?」と思う道中でしたが、現地到着後さらに寒さを感じます。
時間の経過と共に暖かくなるだろうと高をくくっていたのですが、風も強く、益々寒くなり、ちょっと釣りどころでは
なくなりました。
inserted by FC2 system