お手軽釣り日記  2005年11月13日
今日は娘のクラブの練習試合が、通学している中学であります。自宅から徒歩2分なので、応援しに行く事にしました。
9時過ぎから試合開始、県内4校との練習試合です。午後の部もありますが、11時まで見学して釣りに行く事にしました。
もちろん、応援には釣り道具持参です。
補欠の娘が試合に出させてもらい、ヒットを打った・・それだけで涙がでそうになりました。

さて、今日行くのは昨週のリベンジ。そう、松戸市の水路でのマブナ釣りです。先週は、マブナをバラシてしまい、釣上げることが
出来ませんでした。今日は何とか釣りたいものです。
それはそうと、フナ、ドジョウ、タナゴなど本来人間生活の一番身近にいた魚ほど遠くに行ってしまったと思うのは私だけでしょうか?
JR馬橋駅には12時半に到着、途中コンビニでオニギリ、水、カップ焼酎(^_^;)を購入して、いざ水路へ!
水路には釣り人が点在しています。
皆さんマブナ狙いです。

私は到着後、釣り座をかまえるべく、どこにしようかうろちょろしました。
この場所で竿を出すことにしました。
両脇、奥行きともマコモに囲まれた場所
です。
幅2m、奥行き3mと言ったところでしょうか。
仕掛け:

竿: 2.4m
道糸:0.8号
ウキ:シモリウキ00号X5個
オモリ:8号ガン玉X2個
ハリ:上下2ハリ(練り餌専用2.5号スレバリ)
最初は上下ハリ共、アカムシをつけましたが
ジャミのモツゴ(クチボソ)が突きます。
でもモツゴは釣れません。なぜなら今日は
マブナ狙いですので、ハリにアカムシを
4〜5匹房掛けにしているからです。
しかしそれを引っ張ること引っ張ること。

あまりのモツゴの攻勢に辟易として、上ハリを寄せ餌も兼ねて、練り餌にしました。
練り餌はマルキューのヘラブナ用のダンゴ餌、「ダンゴの底釣り 夏」です。50cc分持ってきましたので、正確に水量を計り
練り餌を作ります。
下バリはモツゴの攻勢です。それでも、寄せ効果を期待しながら、打ち込みを続けます。
と、その時!明らかにモツゴとは違う地味なアタリ!
来た!来た!

釣りたかったマブナです。

アカムシに食って来ました。
本当に釣りたかったのです。
ここは東京の大手町や日本橋といったオフィス街まで一時間程度の場所です。
こんなところでマブが釣れるだけでも
貴重です。
その後、アカムシエサはやめて、上下両ダンゴ、
最終的には上ハリを外して、一本ハリで練りえさで攻めました。
こういうマコモの際を攻めます。

15cmクラスも来ました。

私の2.4m竿はフナ用なのですが、こんなので竿が弓のようにしなります、これは楽しい!
3時半納竿、マブナ5、モツゴ5でした。

2時間弱でしたが、個人的には本当に
楽しい釣りでした。

大都会東京の近郊、大手町や日本橋まで
1時間圏内でまだマブナが釣れるとは、
この水路は大切にしたいですね。

春ののっこみの頃にまた来ようと思います。

焼酎の酔いと釣果で、非常に気持ちよく
帰路につきました。
HPトップへ

釣りの部屋へ

管理人の釣り日記へ

inserted by FC2 system