お気軽釣り日記  2006年6月4日
    千葉県印旛放水路下流でテナガエビ釣り
今日は江戸川へ行きたかったのですが、午後から用事が出来たので、地元に行く事にしました。
起床6時、7時過ぎ出発。
今日は小潮で、潮位変化が少ない日です。ゆっくりと準備をして竿を出したのは
8時半ごろでした。
11時10分納竿。
寒さに耐えられず・・・

3時間弱で16匹と、非常に非常に
厳しかったです。


シーズンに入りましたがまだまだ本調子では
ないようです。
あと半月後が楽しみです!
今朝の邪魔者はこれでした。
鯉です。
何十、いや、百単位の鯉が
ハタいでいます。
(カーソルを画像の上に置いてみて
下さい)

この群れがゆっくり移動し、竿を
出しているところにやってくると、
もう釣りにはなりません。
私は8時半頃から竿2本、置き竿で
釣ることにしました。


でも。。。寒い。。。寒い。。。
ひたすら寒い。
6月のこの寒さは一体なんだろう!?
アタリのあるポイントはかなり限定
されます。
ようやくシーズンに入ったかと思いましたが、まだ本格的なシーズンインでは
ありませんね。

シーズンのピークならどこでアタリが
あるはずだからです。

今日は本当に岸際だけでした。
3.3m竿を沖狙いで出しましたが、
アタリは一度もなし。
ついこの間、田植えが終わったばかりなのに、
苗はもうすっかり水田に根を下ろし、青々と
しています。
HPトップへ

釣りの部屋へ

その後ゆっくりと潮が動き出し、
アタリが出るようになりました。
ぜんぜん駄目です。アタリもありません。
今日は小潮で午前中一度潮が上がるので
潮が動けば釣れるかな?と思いながら
障害物周辺に仕掛けを落とします。
inserted by FC2 system