お気軽釣り日記  2006年7月17日 
            千葉県検見川浜で投げ釣り
HPトップへ

釣りの部屋へ

管理人の釣り日記2006
いつの間にやら海岸には沢山の
ウィンドサーフィンが。


この時期は私にとってちょっと中途半端な
時期でして、テナガはもう終わりだけれど、
ハゼはもう一回り大きさを待ちたい。
という事で、久々の海での釣りでしたが、
竿も仕舞寸法35cmほどで荷物もハゼと
同様にお手軽なので、今月もう一度来ようか
なと思います。
釣り始めて1時間もすると家族連れの方々が沢山やってきました。

家族連れの方は殆ど、サビキでサッパ釣りです。

近くにいた家族はあっという間にサッパを50ほど釣っていました。
僕もサビキの仕掛けを持ってくれば時間つぶしになったのに、
と、反省。
何これ?

巻き貝が釣れました。ツメタガイのような形です。

今日はこれが4匹?も掛かりました。最大のものは握りこぶし近い
大きさでした。
今にも泣き出しそうな雲行きです。

向うに見える幕張メッセのビル群も
霞んで見えます。

そうこうしている内に本格的に降り出し
ました。

レインウェア持ってきて良かった。

そうこうしている内に、置き竿を上げて
みると・・・・・
私は突堤カーブ手前から内側に
第一投!
「痛てぇ〜!」
そうか、肋骨にヒビが入っていたんだ
でも釣りたい。
一本は置き竿。
もう一本はゆっくりサビキます。

オモリはナスの6号。
これでも50mは飛んでくれます。
底は完全な砂地で障害物もないので
根掛かりはしません。
サビいていると、「ビビビ!」と明確な
アタリが!
「おぉ!」とリールを巻くもエサがかじられていて、バラシ。
こんなことが5回はあったでしょうか。

結局キスの顔は拝めず。
たぶん針が大きすぎるのでしょう。
次回は6か7号くらいで再挑戦です。

検見川浜突堤到着は6時ごろ。

検見川浜はクワガタムシのあごのように
浜の左右から突堤が出ています。

右側の突堤は正に花見川の河口なの
ですが、立ち入り禁止。
だから左側の突堤に来ました。

入り口付近に釣り人が集中しています。
この傾向はその後益々強くなり、
竿が1m間隔で林立するようになりました。
三連休、まだ釣りに行っていなかったので、最終日の今日こそは!と気合を入れたら4時に起床できました。

で、どこへ行こうか全く決めていなかった・・・(^_^;)
家内がまだ寝ている寝室の隣が私の書斎兼無線室兼物置でありまして、ごそごそ準備。
先般湾岸釣り人さんやAKIRAさんが行かれた検見川浜突堤に行こう!と思い、リール竿を探す私。
リールなんて、海なんて、何年ぶりだろう。
ダイワのパックロッド、20号ー240cmと10号−210cm、それに適当なリールと、ナスオモリにキス天秤、
それから・・針は流線9号があったので、急いで針結び。2本針しかけでハリス40cmを3組作って、いざ出発!
実釣約2時間。結局キスは釣れませんでした。地元の常連も首を傾げていました。
今日は、突堤の入り口付近しか釣れて居ませんでした。こんな日も珍しいとのことです。
でも、キスの「ビビビ!」という引きは何度かあったので、次回にリベンジです。
それと次回はサビキの仕掛けも持ってこようと思います。
みなさん25〜30号の5.4m竿に20号クラスのジェット天秤で思い切りの遠投です。
そこまでしないと釣れないのかな・・・・
みなさん狙いはキスです。バケツに10程度
入れている人も居ましたが、昨日は入れ食いで
60釣った人がいたそうです。
何年ぶりかにリール竿を使う身には、まっすぐ
投げられるかが非常に不安。だから、ポイント
とは分かりながらこの場は遠慮しました。
inserted by FC2 system