HPトップへ

釣りの部屋へ

管理人の釣り日記2007へ
← 何やら良さげなポイント発見。
   しかし・・・仕掛けが風に煽られ入らない。
   漸く入ったところ、水深は意外にも1m近くあります。
   仕掛けを上げると、吹流し状態になるので、暫く竿を
   上げずにサビく感じで探りますが、ダメ。
   でも、雰囲気的に乗っ込みの頃に期待できそうな場所です。

   と、いう事で、初釣りは見事ボウズ (^_^;)
   竿を出したのは結局1時間ちょっとでした。
  
   アカムシは寄せ効果がないので、練り餌も持ってくれば
   良かったかな?でもこの風じゃ、釣りにならないな。
   という事で、撤収。
お気軽釣り日記    2007年1月7日
            千葉県印旛水系で鮒釣り

今日は新年の初釣行です。昨年は1月8日、凍える中での釣りでしたが、今年は暖かいですね。でも天気予報では
今日は北風が吹きすさむ荒れ模様の天気との事。少し心配です。
家内からは終日釣行の許可をもらいましたので、のんびり竿を出すつもりで、出かけました。
自宅出発7時25分。ゆっくりと家を出ました。行き先は昨年2月以降好調に真鮒が釣れた、北印旛沼の水路です。
家に着いたらまだ2時前でした。

今日は延べ12kmほど歩いた事になります。

今年最初の釣りとしては最悪でしたが、これ以上
悪くなる事はないと、今後に期待しましょう。

それよりも、これから春先まで、何を釣ろうかな・・
↓ 成田山の参道には鰻屋が沢山あります。
   このように店先で鰻を捌いており、しばし見物。
   見物していると食いたくなって来ました。
   毎年初詣の時に食べますので、それは家内と一緒に
   明日に残しておいて、今日のところは、うな肝の串焼きを
   3本買い、それを食べながら帰路につきました。
ちょっと成田山の表参道に寄って見ました。

初詣の方々で、まだまだ凄い賑わいです。

なってったって、3が日の初詣客は明治神宮に次いで、
全国2番目に多いところですからねぇ。

実は私は明日家内と一緒に初詣に参ります。
全然アタリなし。水深は1mほどと、良い感じなのに。
それに釣り始めてから急に風が出てきて、強くなる一方です。仕掛けが軽いですから、風に煽られ思うように振り込めず、見定めた
ポイントに落とすどころか、水面に落とすのさえもままならず、竿を上げると仕掛けは吹流し状態・・・それでも何とか頑張るも、
全くアタリがなく、こりゃちょっと季節が早かったのかな?

↓ 近くの小水路(水深60cm)。ここもアタリなし。            ↓ 別の水路(水深50cm)。全く反応無し。


今日のポイントに行くのに、昨年は
京成成田駅前からバス利用だったのです。
しかし千葉交通バスの大幅なダイヤ改正で、
そのバスが無くなってしまいました。
ですから今後は駅からの徒歩往復となります。
釣れないのも然ることながら、とにかく釣りにならない程に強風吹き荒れ・・という感じ。来るときはあんなに穏かだったのに。
天気予報は当たったみたい。良かったね、気象庁さんよ。
このあたりの道は「関東ふれあいの道」の一つで、
このような案内板があちこちにあります。
これは駅近くの案内板。
私がこれから行くのは、正に「甚兵衛渡し」方面。
片道約5kmの徒歩となります。
里山の遠く向うに富士山が見えました。                    別の方角には筑波山が見えます。
さて、5kmの道のりですが、ぽかぽか陽気で、空気はキリッとするものの、とても気持ちよく、少々着込みすぎたせいか、
汗が滲んで来るほどです。風もなく、気分良くイトを垂らす事ができそうです。
目的の場所に到着です。
時間は9時22分。
駅から約1時間、やはり人間の歩行速度
は5km程なんだとあらためて納得。
この場所は昨年の2月25日に良い思いを
させてくれた処です。
幅は約5m。
暗渠になっている部分から5mほどの間が
急に深くなっており、寒い季節、魚がそこに
溜まるのではないかと推測しています。
水温を測ると、6.3℃。
かなり低いですね。

何はともあれ、先ずは腹ごしらえ。朝はバナナ一本かじって
来ただけですから、さすがに5km歩くと腹が減りました。

竿: ダイワ  雪渓 2.8−3.2mズーム
   ニッシン たなごころ 8尺
ミチイト: ナイロン0.8号 、ウキ:親ウキ+シモリ3個、オモリ:ガン玉2号、
      ハリ:袖4号、餌:アカムシ
inserted by FC2 system