お気軽釣り日記   2007年9月15日
            千葉県椎津川でハゼ釣り

結局15時過ぎに撤収、午後はほぼ一時間でしたが、
14尾追加。 
ブルーギル5尾、ウグイ(ハヤ)2尾、
そしてなんと真鮒が2尾釣れました。


釣りの方はと言いますと、橋の向うに
おじさんが居られ、全然ダメだと。
我々も始めましたが、う〜ん、アタリすら
ありません。
ここで30分ほど竿を出したでしょうか、
さっぱりなので早速場所移動。
水位や雰囲気はいいのですが・・・

小学校前の橋に行く事にしました。
歩いても数分です。
その駅に降り立ったのは7時15分。


予め地図で調べておいたので、駅前に
コンビニがあるのは知っていました。
コンビニで食料、飲料水に氷を
購入し、川へと向います。
写真はコンビニ前から撮影。
尚、このコンビニにはアルコールが売って
いません

今日は中潮で干潮は12時半ごろ。

午前中の下げ中心の釣りになるかな?
HPトップへ  


釣りの部屋へ   


管理人の釣り日記2007へ
ここのハゼはボリュームがありますね。
今日は仕掛けを流して釣りましたが、根掛かりは皆無でした。
ゴロタも入っていないからでしょうか、ハゼの体色も模様が
あまりありませんね。
小学校前の橋から下流を望む。


ここで11時半まで、約2時間釣りを
し、68尾の型を見ました。

さすがにそろそろ干潮ですし、数的には
もう十分、りっぱなハゼの引きも堪能
しました。
とにかく、天気が良すぎて暑いのなんの、
目が眩みそうです。

型も悪くありません。竿がしなり、鳴きます。

さてさて、水がとても浅いです。この時点で9時過ぎ。まだまだ昼まで下げるというのに、もう底が見えてきそうな勢いです。
川幅は狭く4.5m竿でバカを50cmもつければ対岸まで届くくらいです。
私は3.2-3.6-3.9mズームで仕掛けを用意しました。かなり浅いのですが、ハゼは見えます。
流れがありますが、底は殆ど根がなさそうなので、常用錘の3Bは外し、軽めのBにして流れに任せることにしました。
点の攻めから線の攻めです(これは結果的には功を奏しました)。
橋の下の深みで数尾拾い、その後、ポイント偵察です。
すると、岸辺の葦の前方がやや深く、かつ掛け上がりになっており、しかもそこには一条の流れが形成されています。
ここしかない! と移動。岸辺の葦の上流、下流から葦の正面に仕掛けを入れて流します。
最初に到着したのは「姉崎橋」。
駅から歩いて8分でした。

写真は姉崎橋から上流を望む。

先ずはこの橋近辺で竿を出す事に
しました。

inserted by FC2 system