お気軽釣り日記     2007年11月18日
      千葉県印旛放水路下流でハゼ釣り

潮留橋の下流です。
ここからが汽水域。

夏場は賑やかなこの場所も、
ルアーで釣りをしている人が一人
居るだけでした。
ヘラブナ師ももう居ません。

今日は何十万という15cmほどの
ボラの子が堰の下に群れていました。
見ていて気持ち悪くなるほどの数
でした。

昨日まで中国に出張でした。昨日は朝4時におきて飛行機に乗りましたので、釣りをしたい気持ちは山々なれど、
少々睡眠不足(ず〜っと午前様だったの)でして、今日は地元に今年のお別れに行く事にしました。
家を出たのは9時半、途中コンビニに寄って、潮留橋着は10時ごろでした。

今日は瑞穂橋下流のこの場所で
竿を出しました。
満潮間近で水深は2m以上あります。
私の苦手な深場での釣りです。

竿:4.5m ハエ竿
餌:キヂ

アタリは頻繁にありますね。
まだかなりの数が居るようです。
とても活性も高く、シモリウキを
吸い込みます。
しかし、サイズがイマイチです。
10cmくらいのものばかり。

こんな時期にハゼ釣りをしている人は
いないだろうと思っていましたが、
私の近くに先客がお一人、対岸にも、
この方と2人、他にも数名居られ
やはり今年はこの時期になっても
ハゼは釣りになるようですね。
2ヶ月ぶりに訪れて実感しました。

これで今年はここともお別れ、
また来年のテナガエビの季節まで。
今年も楽しませてくれた地元の川に
感謝したいと思います。


HPトップへ  釣りの部屋へ

管理人の釣り日記2007へ  

釣れてくるのはこのサイズばかりです。場所が悪かったのか、地合いなのか、今日はこんなのばかりでしたが
時速30尾ほどのペースでした。10時半開始、12時前納竿で48尾でした。

川沿いの遊歩道の木も葉が落ちてすっかり冬支度です。 右は同じ場所の4月の様子です。
11月8日は立冬でした。実感としても、もう晩秋というか初冬というか、そんな季節ですね。

9月14日以来ですから、2ヶ月ぶりです。
例年この時期にはもう来ないのですが、今年は水温が
暖かいせいか、ハゼがまだ釣れています。
inserted by FC2 system