お気軽釣り日記    2008年7月30日                        千葉県印旛水系で雑魚釣り

今日は夏休みをとりました。
新聞にコーヒーにと、ゆっくり支度をして家を出たのが8時半、現場の最寄の駅着は9時過ぎだったのです。

ポイントに着きましたが、やはり視認出来るヤマベは
ちらほら程度。
何やら厳しい釣りになりそうです。
ヤマベの産卵期間は5〜7月と言います。
産卵が終えるとここのヤマベは印旛沼に落ちるのかも
知れません。事実、数年前の秋にここへ来たときはヤマベ
なんて釣れませんでしたから。

とにかく仕掛けの準備です。

ポイントの護岸から水面まではかなりの距離があります。
写真は「タカ産業」のズック魚籠です。
これは網目が非常に細かくてタナゴでも問題ありません。
それに90cmずついくらでも連結が可能です。
今日は2連結で180cmにしましたが、これでも一番下が何とか
水に浸かると言うぐあいです。もう一連結分持って来れば
良かったと少々後悔。
メーカーの回し者ではありませんが、このタカ産業の商品は
ユニークでとても好きです。

今日はウキ釣りとミャク釣りでやってみます。
9時半ごろ開始!

今日も事の外暑くなるってんで、
飲料水をしこたま買って、それだけで
4kgsと肩に食い込みます。

HPトップへ     釣りの部屋本館へ    管理人の釣り日記2008へ          

11時半まで2時間やって何とかツ抜けです。

オスの婚姻色は前回に比べ、明らかに薄くなりつつ
あるのが確認出来ました。

左のメスは、掴むと黄色い卵をピューと出しました。
可哀想なので即リリースです。

でもまぁ、サイズがいいので良しとしましょう。

前回このポイントだけで小一時間で40尾弱釣れたのですが、今日はこのポイント以外に上流から下流も探ったのですが、
殆ど釣れないに等しい状態です。
やはり産卵を終えたら印旛沼に下ってしまうのかも知れません。

ところがどうも様子がおかしい・・
ポイントに行くまでの水路にもあれだけ
居たヤマベの群れが非常に少なく・・・・・。

とにかくポイントに向います。

前回は、底に流すと大型ヤマベが掛かったものですが、今日はヌマチチブの猛攻に会いました。写真を撮りませんでしたが、
ヌマチチブ多数にドンコとシマヨシノボリが一尾づつ釣れました。何れにせよ楽しい水路です。
一雨来ればヤマベの状況は変わるのか?分かりません。産卵期もほぼ終焉を迎えているのは間違いなく、オスの婚姻色も薄く
なっています。ここのヤマベはどういう移動パターンなのでしょうか。
実釣2時間、あんがい曇っている時間帯が長く、風もそこそこ吹いていたので、水分補給は500ml程度でした。500g程度しか荷物は
軽くならず、余った水、約3.5kgsは家まで持ち帰りました。

青子とクチボソが釣れました。                       
inserted by FC2 system