お気軽釣り日記   2013年8月17日
            千葉県木更津市でハゼ釣り
今年は5月末の出来ハゼ試し釣り以来、14回連続して江戸川放水路のマルヤ遊船さん桟橋でのハゼ釣りを続けてきましたが、
今日は丁度一年ぶりの木更津釣行であります。
昨年8月18日はハゼに加えて思いがけず立派なサイズのキスも登場し、のべ竿での釣りを堪能しました。あれから一年。思えば
あの日はゲリラ豪雨が2度もやって来た大荒れの天候で、だからこそ魚が異常な行動で岸に寄っていた特異な日だったのでは
ないか?と思い続けてきました。果たして今日その検証が出ると思うと、期待と不安が入り混じります。
まだ御昼にもほど遠い時間
なので、盤洲の船溜まりに
寄ってから帰る事に。
最寄りの駅から京成津田沼乗換えで京成千葉駅下車。内房方面の釣行ではすっかり定番となったJR千葉駅06:58発の
館山行に乗り、木更津に着いたのは07:38でありました。
車中で影法師さんに連絡、そして現場では久しぶりにPOMPEYさんとご一緒出来る予定です。昨年に続き今日もPOMPEYさんに
木更津駅でピックアップ頂きましたが、釣り場は駅から徒歩でも15分程度、界隈にはファミレスのガストや弁当屋+コンビニも
あり、飲食物には困りませんし、近くの船宿で餌も調達可能、清潔に管理されたトイレもあり、足場も良いのでファミリーに
お勧めのポイントだと思います。今日は若潮で干満差が1m程度しかないのが気がかりですが、干潮が7時半という事もあり、
とにかく午前中の上げに期待です。

何回来てもこの船溜まりは実に雰囲気があります。竿は10年ほど前に買って殆ど使用していない3.6mの廉価竿。
ハゼの活性も高く、釣れるサイズも港よりも良く、竿の穂先が軟らかい事も功を奏し、釣趣満点の釣りが楽しめました。

POMPEYさんは17cmを上げられました。私は14cmが
最大でしたが、先ほどまで6.1mをふり回していたので3.2m竿の
軽い事。やはり短い竿で楽しむに越したことは有りません。

若潮と言う事も有り、潮は徐々に動きます。上げ潮が顕著に
なるに連れてなぜかヘチでのアタリが次第に遠のき、それに
暑さも相俟って、一旦撤収となりました。

POMPEYさん、影法師さんが新宿水門前の船溜まりで竿を出しておられるので、御一緒する事に。 POMPEYさんはヘチの
掛け上がりで良型を上げられています。

ハゼは12cm程度というところ、キスも15cm程度で、昨年に比べて
一回りサイズダウンです。

9時までの小一時間、ハゼ10、キス3。今日は持ち帰りの予定なく、
弱るといけないので、即リリース。やはり昨年は特別だったようで、
柳の木の下に2匹目の泥鰌は居ませんでした。 (*^_^*)
もう少し粘ってみようかなと思ったが、急に腹が挿し込んで来たので、
一旦撤収、トイレへ。 トイレのある環境(しかも小奇麗な)に感謝。 

駐車場でひとまず解散、私は早速昨年良い思いをした
渡船近くの岸壁へ。
5.4m〜6.1mのズームでハゼもさることながら、キスも
狙いますが、アタリの数の割には鈎に掛からず。

13時前までの時間、数は23尾でしたが、バラシも多数。23尾のうち、なんと16尾が右上写真の船の奥の方の10cmほどの
隙間で釣れました。 
謂わば半日も竿を出していないが、暑さでグロッキー、でも中身の濃い釣りでした。影法師さんは18cmを上げられました。
ひとつ残念なのは自衛隊方面の水路が大工事で釣りにならない事。工事完了後も釣りになる環境が残るのかが懸念
されます。POMPEYさんの御厚意で帰路お送り頂き、本日も大満足の週末を過ごすことが出来ました。

HPトップへ       釣りの部屋へ       

inserted by FC2 system