お気軽釣り日記   2014年10月19日
       千葉県江戸川放水路でハゼ釣り
昨日は家内と外出。なので釣りは今日にしたのですが、翌日の仕事を考えるとあまり遠出も気が進まず、またもや
江戸川放水路マルヤ遊船へ行く事にしたのです。目覚まし時計を4時過ぎに合わせ、土曜日ならさっと起きるのに、
餌をくれと入れ替わりやってくるネコ達を相手にベッドでうだうだ過ごして起床は6時半。7時半に家を出て、マルヤ遊船着は
9時前になってしまいました。放射冷却で朝の冷え込みは厳しく、しかし着替えを取りに駅までの道半ばで戻るのは面倒です。
道行く人、電車車中の人もジャンパーや薄いダウンを着ている人が多く、放水路は吹き曝しだから上着を着てくれば良かったと
後悔したものの、日中は一転して汗ばむ陽気になり、結果オーライでした。
我ながら2時間で期待以上に釣れたと思います。
ここ何回かの中では最高の釣果でしょう。10p越えの
個体も増えて来たと思います。
落ちハゼに向かう時期なのにまだ成長しているのか
と吃驚します。
そして今日のささやかなトピックスは18.5pと17pが釣れた事。
マルヤ遊船の社長に測って頂きました。
今日は私の誕生日。神様がご褒美で釣らせてくれたのでしょう。
お店の白板にも書いて頂きました。
今日は若潮で到着時は上げに転じた頃。
14時頃までじわじわと上がって行くような潮回りです。
この季節になってもマルヤ遊船さんは団体のボート客や、
軒先でのバーベキューパーティーなどで事のほか賑やかです。
桟橋も思いのほか賑わっています。今日もまるで当たり前かの
ように、常連Mさん・和竿さん、そしてDOCTORさんご夫婦が
居られました。御挨拶して9時半頃釣り開始、まだ水位は低く、
皆さん沖桟橋に集中しています。ラッキーな事にポイントが空いて
いました。ポイントは予想が当たり、いや予想以上です。
今年はハゼの生育が良くない分だけまだ落ちずに残っているよう
です。水温も20度ほど有るという事で、それも活性の維持に幸い
しているのでしょう。そのポイントはゆるい逆掛け上がりで手前から
釣れ始めます。ある程度満ちるとアタリが止まります。これは浅場
に移動して行ったか、或いは通り道が変ったと考えます。適度に
見切りをつけてポイントをずらします。それでもアタリが遠くなったら
移動です。回遊魚を釣っているのではないのだから、移動が
億劫なら桟橋釣りは成立しません。
釣り堀と言われている区域に移動。水底地形にあまり変化がない
平場ですがハゼの通り道になっています。ぼちぼち水が入って
来ましたが、平場ではまだアタリがもらえず、近くの桟橋の影や角、
浮き休憩所ヘチ、その他窪みや牡蠣殻周りを丹念に攻める事に
しました。
そして、11時半に終了。
お昼は天ぷらうどんを出前で頂き、午後の部は小一時間ほど
竿を出して切り上げようと思ったが、午前中の釣果ですっかり
満足してしまい、15分ほどで納竿してしまいました。
こういう性格である限り、記録などとは無縁なのでしょうねぃ。
3時前までおしゃべりで過ごして帰路に着きました。
ハゼはまだ潮と共に移動しています。
急に水温が下がらぬ限り、桟橋もまだまだ楽しめそうですね。

HPトップへ      釣りの部屋へ      

inserted by FC2 system